真面目だったOLがはしたない格好で自ら揉まれにいくスリル痴●沼 鷲尾めい

地味巨乳OL・鷲尾めいは人生で初めて痴●の被害にあってしまう。恐い、逃げたい、ただマイナスの感情が湧きあがる。電車が次の駅に到着することは一生ないのではないかと思うほど永遠に感じた痴●の時間。恐怖に満ちていたはずなのに、、なぜだろう、帰宅して体の中に沸き立つ性の充実感。もっと欲しい…。自慰行為を経てこの感覚を再確認しためいは徐々に女として目覚めていき…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました