憧れの叔母に媚薬を盛り続けて10日後、ガンギマリ中出しハメ放題のアヘアヘ肉便器になった…。 一色桃子

憧れの美しい叔母を思い通りにする為、ネット情報を元に媚薬を作った。そして今年の夏、叔母の家に泊まる事になり媚薬を試す時がやって来たのだ。叔母の目を盗み、1滴、2滴、3滴、4滴、少しずつ量を増やして盛り続けた。身体が火照り、吐息が激しくなり、身体をねじらせる叔母は、もう正気ではなさそうだ。そして10日間、遂に理性を失った叔母が襲い掛かってきた。それから叔母は、僕専用の従順な肉便器と化して…。

夏・狂気の淫獣

 普段の一色桃子の容貌は美人で色気もあるが、フェロモンや雌の匂いを強くは感じさせない。しかし絡みになると、どんな淫乱女優にも負けない最高の表現をするギャップにいつも驚かされるが、今回の作品は変則的な淫靡さで、これまでとは違う表現で絡んでいる。  甥が訪ねてくる未亡人の叔母は、浴衣やごく普通の洋服で登場。AVにありがちな露出過剰のミニスカートや胸元が見えるシャツなどではないのが好感がもてる。そして甥をもてなす笑顔の叔母を自然に演じている。挑発的な仕草などない。本当にいい叔母だ。ここが大事。  叔母に憧れる甥は媚薬を持って叔母を陥落させていくことになる。ここで効いているのがその舞台。花火、浴衣、畑の収穫、木造の民家、扇風機等、夏休みの空気感。加えてクーラーを必要としない風通しのよい一軒家。暑い夏、絡みの時の汗の効果が発揮されると同時に、叔母を狂わせるのは媚薬とともに夏という季節も背景にあることを感じさせられる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました