女上司、歪んだ刺激と躾に溺れる、SM不倫性交。昼休みはダメな部下に躾けられて…。 専属美女の『苦しみ』という快楽を解放―。 木下凛々子

「仕事とご主人様どっちが大事だ?ホテルに今すぐ来い。」
都内の広告代理店で営業部長を務めるキャリアウーマンの凛々子は、会社の激務、夫とのすれ違いでストレスを溜めていた。更に仕事が出来ない部下・吉野にも悩まされていたが、ある日、酔って隙を見せた凛々子はその吉野に犯●れてしまう。そして、その行為の中で隠れたマゾ性を見透かされてしまった凛々子は、吉野に昼休みになるとSMホテルへ呼び出され、職場とは立場の逆転した主従関係となって苦痛にも快感を覚えるマゾメスとして弄ばれていくのだった…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました