ぱいおつヴィーナス

地味ではないが、決して派手ではない服装に身を包んだ女性。それでも一際目を引くのは、どんな衣類でも隠し切れない豊満な肉体のせいである。自宅マンションのエレベーターを降りてきたところを撮影者が気付かれないように待ち受ける。散歩も兼ねているのだろう。徒歩には少し距離のある道を行き、着いた先は書店。目的の本があるのだろうか。入店し真っ直ぐ向かったのはビジネス書が並ぶエリアだ。決算書関係の本を手に取り、吟味するように何冊か目を通す。経理まわりの仕事をしているのだろうか。結局決めかねたようで、話題作コーナーで青春小説を購入。自宅まで待ちきれなかったのか、買ったばかりの本を歩きながら読み始めるターゲット。後をつける撮影者にも気付かないほど夢中になり

コメント

タイトルとURLをコピーしました