いやらしいお姉さんのオナニー・ナビゲーター 塩見彩

2024年、塩見彩ちゃんがドグマ専属女優になって、3年目に突入した。
彩は、そもそも3年前AV女優になりたくてAVを始めた訳じゃあなく、元々SMがやりたくて、極めたくてAVに出たので、デビューしてすぐSM、ハード系の作品ばかりに出てきた。ドグマ専属になってからは、更に大部分がガチンコのSM作品ばかりだ!!

去年、劇場版SMドラマ「しゅら」がドイツのオルデンブルグ国際映画祭に正式招待され、塩見と俺はドイツに招待され、一緒に映画祭に行ってきたが、ドイツでの塩見彩の演技力に対しての評価は非常に高かった。彼女が一度も役者を目指したり、憧れた事はなかったと話すと映画祭の人々に凄く驚かれた。まぁ、AV世界でも大抵のAV女優はデビューして、ソフトなビデオに出ていくのは普通であり、年数を重ねて色々と解禁作をやり、ハード系に転身していくのが常識である。
まず、しおみんみたいに3年間AV女優やって来て、ほぼSM、ハード系しかやってない女優なんて、今まで一人もいなかった。せっかくドグマ専属も3年目に突入したわけだから、今年は、彼女が今まで一度もチャレンジした事のないジャンルにも出してみたい!!と思った。本人は勿論一番やりたいのはSMだが、しおみんだったらSM、ハード系を封印しても、充分エロと表現力でやれると思った。
そこで、10年ぶりに「オナニー・ナビゲーター」を復活させて、彼女にたっぷりと一人芝居のエロの世界、バーチャルでやってもらう事にした。
ものすごく、厚い台本、彩は淫語も自分なりにかなり調べたらしく、シナリオに付け加えて、撮影当日には、ほぼ完全に台詞は覚えて、更に自分のものにしていた。勿論最初は、今までと違う、相手がいないバーチャルの世界なので、カメラ相手にやりにくい部分もあったり、緊張もしたと思うが、カメラが回り、スタートすれば、彼女の集中力と、エロパワーは、ジャンルなんて関係なく爆発した。こんなにエロい、リアルなバーチャルビデオが撮れるなんて、改めて塩見彩の魅力は、SMが無くても、ずば抜けている事を証明した。コスプレのショートドラマ、制服の気が強い姉と、童貞の弟編も、ナースの外科病棟の異常性欲の女編も、初めてとは思えない程、淫語も痴女プレイもキレキレだった。
是非、今までSM、ハード系は苦手だと言うユーザーで、塩見彩の事、一度も見た事がないと言うAVユーザーに今回の彩の「オナニー・ナビゲーター」見て欲しい!!
今年は更に、SM以外でも塩見彩の魅力を広げていきたいと思っている!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました