汗ほとばしる人妻の圧倒的な腰振りで、僕は一度も腰を動かさずに中出ししてしまった。 竹内有紀

記録的猛暑が続く夏の真っただ中、大学生の僕は家主である有紀さんの家に間借りをし、居候として住まわせてもらっていた。有紀さんは一階で日課のヨガをしていて、僕がその姿をこっそり見ているのに気付いた有紀さんから一緒にどうかと誘われてやってみることに。でも教えてもらう中で薄着の有紀さんと度々体が触れた僕は、無意識に勃起をしてしまい…その姿を見た有紀さんは驚きつつも、汗ばむ体を寄せて妖艶な笑みを浮かべ僕に襲い掛かってきて…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました