エロ動画 職場不倫…転勤間際の今までで最も雑でいて一番激しく快楽に満ちた性交 浜辺栞帆

毎日、職場で会えることが私にとっての生きがい―。何も知らない他人のように、さりげなく交わす朝の挨拶、仕事をしている時間。そして、職場を離れ、別人のように愛を確かめ合う濃密な時間…。それが夫との冷めきった日々から私を救ってくれました。その人は、私の上司であり、私の全てを知っている…。私のカラダのすべて、私が感じるところや私がどんな姿で絶頂するのか、本当はすごく甘えるのが好きなこと…とか、その全てを彼は知っていました。私は彼が好きだった、仕事をする真剣なまなざしも、クシュクシュと歪む笑顔もすべてが好きだった。それが世間では受け入れられることのない『W不倫』だったとしても、私たちの気持ちはつながっていたと思う…。しかし、そんな日々が突然崩れ去る出来事が起きました。彼の『転勤』。営業部の不振の責任を取らされた、いわば左遷―。福岡支社という、遠く離れた土地に彼は離れていく…。心の中心にあった大きな何かが砕けていった気がしました。彼が職場にいない、となりに居ない事など想像できない…。でも、どうすることもできない。お互いが禁断の立場なのだから…。心の整理をしなければ、彼の事を忘れなければ…私は無理やりでも心に遮断機を下ろして彼を断ち切る必要がありました。それなのに…彼は、何も変わらないかのように私と接し、私を求めてきたのです。私は必死に拒みました。彼を嫌うように必死に拒絶しました。それなのに…彼は、彼は…より激しく、より深く、私を求めてきました。どんなに意地を張っても薄っぺらい偽りは、彼で知った悦びを忘れられませんでした。強引で激しくて荒々しくて雑な愛撫が余計に私に快感を覚えさせたのです。抵抗すればするほど、嫌おうとすればするほど、彼のカラダが恋しくなり、彼の肉棒が欲しくなっていく…。『だめだ…私、彼の事を愛している。』でも、別れの日はもうすぐそこまで来ている―。

コメント

タイトルとURLをコピーしました